「ビッグマウス」と「セルフトーク」

芸能人やプロスポーツ選手を見ていると、コーチング理論を活用している方が増えてきたように感じます。
コーチングと知ってか知らずか分かりませんが…

例えば、あるプロサッカー選手
沢山の結果を出し続けている方でもあるのですが
サッカー以外でもマスコミに騒がれるときがあります。

それは
「ビッグマウス」
日本人である私たちは『謙虚』が美徳?になっているからか
「ビッグマウス」に対して反応し過ぎじゃないか?
と思ってしまうくらい過敏に反応しますよね。
勝ってから言え
可愛げがない
謙虚さがない
 等々

 

ですが
この選手の発言をコーチング目線でみると
対外的にいっているのではなく、
自分に言っているんですね。
「結果を出し続けることのできる自分なんだ」
「俺は誰よりも素晴らしいプレーができる」

ビックマウスというとあまりいい印象がありませんが
自分の能力を引き出すためのフレーズに過ぎないのです。
以前記事にした「セルフトーク」をコントロールしているのでしょう。
ひとり言を書きかえる

セルフトークをコントロールして
「こうなりたい自分」に変えていく

そうすることで
「こうなりたい自分」にむけて能力をフルに引き出すことができます。
あなたはどんな自分に変えていきますか?

個人事業主・中小企業向け コーチみち
フリーター、契約・派遣社員を経験後、上場企業の経営企画部門で正社員として勤務。12年間勤務し、2016年にコーチとして独立。
現在、栃木県宇都宮市を中心に複数社の法人コーチとして活動しながら、働く女性専用コーチ兼カウンセラーとして個人のクライアント様向けのコーチングを実施。
さらに、セミナーを定期的に実施し、コーチングを広める活動をしている。
コーチングを通じて、他人の目を気にせず自分の欲しい未来を手に入れることの喜びを伝えたくて日々の活動とブログを更新。

ご質問はお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ

コーチングで読み解く
コーチみちをフォローする
自分らしく働くためのコーチング-Design Coaching-