相手を理解できないと思う前に

相手を理解できないと思うなら、無理に理解しなくてかまいません。そんな場合にどうモヤモヤを解消するか?という考え方をお伝えします。
家族や職場の人に対して
どうしてこういう態度なのだろう
どうしてこういう事を言うのだろう

と嫌悪感をもってしまうこともありますよね。
それはあたり前で
自分を責める必要はありませんのでご安心くださいね。

私たちは
自分たちがこれだけ悩み、苦しみ、出口のない不安に駆られる
ことがあっても
自分以外の人はそんなことはないと思いがちです。

ですので、
自分を傷つけた人に対して
理解し合えない人
理解しようとしてくれない人
人をいいように使おうとしている人
人を傷つけようとする人 
等と
やりたくてやっている人だと思ってしまいます。
そうなると、
そういう人としかみえなくなって、敵として認識したくなりますよね。

 

理解したいと思うけど、うまくいかないという場合
(理解したいと思わないなら無理をする必要なし、です!)
相手を
気持ちをぶつけたくてぶつけているのではなく
自分のモヤモヤからくるものをどうにかしたいと
試行錯誤をしている人

として見てはいかがでしょうか?
 
私たちが悩むように、相手も上手くいかないことに対して悩んでいるかもしれないですよね。
私たちはお互いに試行錯誤し合っています。
ですので、
こちらの間違いを大目に見てもらうためにも、相手の間違いもスルーしてはいかがでしょう。
ん?とモヤッとすることがあっても
まったく仕方がないなぁ・・・(試行錯誤中だからね)お互い頑張りましょう!
と受け取ってみませんか

個人事業主・中小企業向け コーチみち
フリーター、契約・派遣社員を経験後、上場企業の経営企画部門で正社員として勤務。12年間勤務し、2016年にコーチとして独立。
現在、栃木県宇都宮市を中心に複数社の法人コーチとして活動しながら、働く女性専用コーチ兼カウンセラーとして個人のクライアント様向けのコーチングを実施。
さらに、セミナーを定期的に実施し、コーチングを広める活動をしている。
コーチングを通じて、他人の目を気にせず自分の欲しい未来を手に入れることの喜びを伝えたくて日々の活動とブログを更新。

ご質問はお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ

見ている世界を変える
Design Coaching