あたり前という気持ち

私たちはどのようなときに「あたり前」と感じるでしょう。
例えば、
自分より○○なんだからあたり前
自分もそうだったんだからあたり前
 等

自分より
給料が高いんだから
上司(部下)なんだから
長く働いているんだから

ここまで自分が頑張ったんだから…

できてあたり前やるのはあたり前だろう
こんな時のあなたの気持ちは
ネガティブなものではなかったでしょうか?

 

ここで考えていただきたいのは
「あたり前なんだからやってよ」という考え方をしないと相手にお願いできない
と思っていなかったか?ということです。

『あたり前』という後ろめたさを隠す言葉をつけて、言いにくいことを言おう(または態度で示そう)としていませんか?
実は、その気持ちは相手に伝わってしまっています。
そして相手も「やろう!」という気持ちには起きにくいのではないでしょうか。

後ろめたさを隠す言葉は必要ありませんよね。
「あなたにお願いしたい」と素直にお伝えすれば、お相手も快く対応してくれるのではないかと思います。
あなたの気持ちをきちんと伝えればお相手に伝わります。

後ろめたさをもたなくても、あなたが無理をしなくても、あなたの周りの環境は優しいはずです。
あなたの周りの人はあなたのお役にたちたいと思っているのではないでしょうか。

個人事業主・中小企業向け コーチみち
フリーター、契約・派遣社員を経験後、上場企業の経営企画部門で正社員として勤務。12年間勤務し、2016年にコーチとして独立。
現在、栃木県宇都宮市を中心に複数社の法人コーチとして活動しながら、働く女性専用コーチ兼カウンセラーとして個人のクライアント様向けのコーチングを実施。
さらに、セミナーを定期的に実施し、コーチングを広める活動をしている。
コーチングを通じて、他人の目を気にせず自分の欲しい未来を手に入れることの喜びを伝えたくて日々の活動とブログを更新。

ご質問はお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ

見ている世界を変える
コーチみちをフォローする
Design Coaching