仕事をネガティブにしか捉えられない場合

長い長いトンネルの中にいるようだ
出口が見えない・・・

と、もし思ってしまったら・・・
抜け出せないトンネルにいるようにしか見えません。
または、会社で
もうこれ以上の改善は無理だ
この実績をあげるのは無理だ
こんなことをしてもなんの意味もない

なんて思って仕事をしていては
無理な事、無意味な事しか見えません。

そこから抜け出したいならこれまでと違う事を取り入れることが、抜け出すことに繋がります。
これまで抜け出せなかったのであれば、これまでと違う事をした方が抜け出せるかもしれませんよね。

これまでと違う事とは、知る、みる、感じること等です。
新しい情報を得てみる
いつも相談しない人に相談してみる
上手くいっている人と話してみる
社長、部下、クライアントなどの別の目線でみる
いつもとは違う行動をしてみる 等
 
これまでと違う事をすると、これまでと違うものが見えるようになります。

見えるものが変わることで
出口がグンと近くになるかもしれないし、
近道が見えるかもしれない、
実はトンネルなんてなかったのかもしれない、
より良い方法に気が付くかもしれない。

自分をできない人間だと思う前に「違う目線があるのかもしれない」と思っていただくことで、新しいものが見え、そこから抜け出すことに繋がります。