年の終わりに

あなたは来年をどのような気持ちで終えたいですか?
やっと一年が終わるのに、もう次の話?と思わずに、是非考えていただきたいです。

2018年も今日で終わりです。
今年はどんな年だったか…
なんて考えるのではなく

考えていただきたいのは、
『今年はもっとこうしたかったな』
から
『来年の今頃どんな気持ちで終えたいか』

一年の反省ではなく、「こうしたい」という前向きなものにしたいですね。

 

過去を振り返って、問題点を見つけ出し
今後は気をつけようと思うのは必要なことですが
「自分はどうしてこんなことをしてしまったのか」
と考える(思い悩む)ことは
自分に必要のない枷をはめるのと一緒です。
身体が重くなり、考えが纏まらなくなり、支障がでてきてしまいます。

過去に囚われず、自分が何を求めるのかを見定めて行きましょう。

 

…ですが、
今年一年頑張ったあなた自身に労いと感謝をするのが先です。
さぁどんな声をかけますか?

こちらの記事もどうぞ

人生の最後に後悔しないために
私たちが、人生の最後に後悔することは大体同じだそうです。 そのトップにくるのは、仕事で成果が出せなかったこと、人間関係がうまくいかなかったことではありませんでした。