夜眠れなくなったら

夜眠る前に、いろいろ考えてしまって眠れない!
なんてことありませんか?
そんな時は、時間を決めてじっくり浸りましょう。

夜はマイナスな考えになりやすいですよね。
「考えないようにしないと」、「こんなこと思っていてはだめだ」、「早く寝ないといけないのに」等と思っているとより頭から離れなくなります。
ですので、5分・10分だけどっぷり考えようと決め、アラームをかけてどっぷり浸ってしまいましょう。

ポイントは、
時間を決めてアラームをかけ、終わりを決める
②涙が出るくらいどっぷりとことん浸る
③こんなことを思ってはいけないと否定しない

なぜ時間を決めてアラームをかけるのかというと
私たちの持っている「目安(期限)があると集中する」という仕組みを使うためです。
期限を設けることで、集中して自分と向き合う事ができるので、中途半端に考えているより満足を得(飽き)やすいです。
また、アラームをかけることで時間を気にしなくていいので、より集中できますよね。

アラームが鳴ったら、頭を切り替えましょう。
マイナスな考えは終了です。
明日がどうなったら楽しいと思えるか?を考えることに集中しましょう。
明日でなくても、1年後にどうなったら笑ってしまうのか、考えてみてくださいね。

未来が思いつかないという方は、過去あなたの心が穏やかだったときはどのような時でしょうか。
必ずありますので、思い出してみてくださいね。