陰口を言われやすいと思ったら

自分は陰口を言われたり、攻撃対象になってしまうことが多い…なんていうあなた!
私たちには「ある遺伝子」が組み込まれているのをご存知でしょうか?

あなただから言われる?

昔から色々言われやすいから気にしてしまいがち。
何をするにも、周りからどう見られているのかを気にしてしまう。
攻撃対象になってしまう事が多い。

こんな場合、私たちにある遺伝子が組み込まれているという事を知っているだけでちょっと楽になりませんか。

私たちが持っている遺伝子の秘密

「みな同じ」を求める

私たちは、「みな同じ」に安心する遺伝子を持っている農耕民族です。

農耕民族は、協力し種を植え育て収穫するという一連の流れを構築したことで飢餓から脱することができました。
その遺伝子が組み込まれいるため、協力し合うこと、和を乱さないこと、平等であること等をお互いに求めあっています。

そんなこともあり、異端者が自分たちの生存確率を下げる要因としか思えません。

皆と違う意見を持っている人
努力をしていない(ように見える)人
これまでの積み重ねを崩そうとする人
新しい事をはじめようとする人
幸せそう(儲けていそう)に見える人
等の自分とは違う人を
「攻撃し排除する」ことで自分を守ろうとします。

排除行動の後ろ側

実は、この排除したいという感情の中にはいくつか種類あります。
まず一つ目は、先ほども言った通り、
自分の生存確率を下げられることへの拒否反応

そしてもう一つが、
自分には出来ないことをしている(自分にはないもの持っている)人への羨望

自分とは違うものを持っている人に対しての羨望が、相手への攻撃要因になってしまうのです。
陰口や炎上はこちらであることが多いです。

あなたの陰口=いいなぁ

そう考えると、あなたの陰口を言う人や怒りをぶつけてくる人に出会ったら
あなたが相手の思ってもいなかった先進的なことを言っている
あなたにオリジナリティがある
あなたを「羨ましい」と思っている という事ですよね。

陰口を言われている、いつも攻撃対象になってしまってる、なんて場合
「自分はダメだから陰口を言われてしまうんだ」「いわれて当たり前な人間だ」なんて思う必要ありませんよね。

コメントを残す